入れ歯の種類について

みなさまの健康を第一に

レジン床入れ歯.jpg
金属床入れ歯.jpg
ノンクラスプデンチャー.jpg

レジン床入れ歯

保険の入れ歯

金属素材よりも多少厚みがあります。そのため、熱が伝わりにくく、食べ物の温度が感じにくくなります。


また、装着時に違和感を人によっては覚えることがあります。


一般にレジンは、他の素材と比べて適合性がやや劣ると言われています。しかし、最近ではこのデメリットを改善できるレジン床入れ歯も出てきています。


保険適応なので安価に治療でき、ほとんどの症例で使用できるといったメリットもあります。

金属床入れ歯

飲食物の温度を感じれる

金属床入れ歯は、義歯床が金属で出来ている入れ歯です。


入れ歯の中でも、特に精密な工程で作られます。


本体に樹脂ではなく、金属を用いており、保険で使用するレジン床義歯(樹脂製入れ歯)に比べ熱伝導に優れ、飲食物の温度をそのまま伝達することができます。


食事も強い力で噛みしめることができます。

ノンクラスプデンチャー

​見た目が美しくなる入れ歯

スマイルデンチャーは、金属の留め具がない入れ歯です。


金属を使っていないため、金属アレルギーに敏感な方にオススメです。


歯の出っ張りに引っ掛けて固定するため、見た目が美しくなる審美的なメリットもあります。

 

まずはご相談ください

北野歯科医院

〒650-0012 兵庫県神戸市中央区北長狭通1丁目1-1 阪急三宮駅西口2階
阪急三宮駅西口より徒歩30秒